結婚相談所を利用すると、成婚料が必要となります。

最近では結婚相談所が増えてきましたが、数ある結婚相談所の中には成婚料が不要な結婚相談所もあります。

成婚料とは?

成婚料とは、結婚相手が見つかってその結婚相談所を退会する時に結婚相談所に支払うお金のことです。

昔はお見合いが一般的でしたが、親がそこらへんにいる人に声をかけてお見合い相手を連れてくるのではなく、基本的には仲人さんに依頼して自分に合いそうなお見合い相手を連れてきてもらうことが婚活の基本スタイルでした。

自分たちではコネやネットワークがないので、知り合いに頼むといっても適齢期の人や結婚相手を探している人がいるとは限らないので限界があります。
ですがこういった仲人さんはかなりの人脈やコネを持っている上に人に結婚相手を紹介することで生活をしている訳ですから、沢山の人の中から自分に合った人を見つけてきてくれます。

もちろん紹介された人が自分に合わないというケースも沢山あり、何回かお見合いを重ねて結婚を決める方法が一般的でした。
これは今でも変わらないですよね。

こういった仲人スタイルの名残が今でも残っていて、「結婚相手を紹介してくれてありがとう」というお礼の意味も込めて成婚料を払います。
弁護士などに支払う成功報酬という言葉を聞いたことのある人は沢山いるのではないでしょうか。それと同じですね。

 

 

成婚料の相場

成婚料も結婚相談所によってまちまちですが、どちらかというと個人の結婚相談所の方が高く設定されています。

全国展開している大手の結婚相談所は5万円〜20万円が大体の相場ですが、個人の結婚相談所は30万円〜というところが多いみたいです。

私の親戚が個人の仲人さんに依頼して結婚を決めましたが、その時は50万円を支払ったそうです。高いですよね。

基本的に個人の結婚相談所は成婚料で成り立っていると言っても過言ではありません。
成婚料をもらえなくては生活していくことができませんので、高めに設定していますし、結婚を決めようと必死に動いてくれます。

 

 

成婚料が不要な結婚相談所が増えている

最近では結婚相談所も増えてきて、成婚料が不要なところも沢山あります。

大手の結婚相談所にはデータマッチング型システムの結婚相談所と仲介・仲人型の結婚相談所がありますが、前者は基本的に成婚料の必要ないところがほとんどです。

データマッチング型結婚相談所は仲人さんと二人三脚というよりも、検索データベースや紹介書を元に自分のペースで婚活していくことが基本スタイルなので、成婚料が必要ないのですね。
一方、仲介・仲人型結婚相談所は昔ながらの仲人スタイルで婚活していくので、成婚料が必要なところがほとんどです。


 

成婚料が必要な結婚相談所と不要なところ、どちらが良い?

上記の通り成婚料が不要な結婚相談所はデータマッチング型、必要なところは仲介・仲人型であることが一般的です。
データマッチング型と仲介・仲人型では婚活スタイルが異なり、自分の性格や希望婚活スタイルに応じて向き不向きがありますので、成婚料のあるなしで選ぶよりはそちらで選ぶことをおすすめします。

ですが、どちらが良いのか決めきれない、自分が最終的に支払う金額で結婚相談所を選びたいという人は成婚料のあるなしで選ぶのも良いでしょう。

上に書いた通り、成婚料がある結婚相談所はできるだけ成婚料が欲しいのが当たり前ですから、それだけ結婚相手を見つけよう、結婚を決めようと真剣になってくれます。
中には無理矢理押し付けて結婚を決めて成婚料をゲットしようとする仲人もいるみたいですが、まず大手ではそういったことはあまりありません。
自分たちの評価に関わってきますからね。

一概に成婚料のあるなしで良い結婚相談所、悪い結婚相談所を決めることはできませんが、それぞれの結婚相談所の婚活スタイルや真剣さを見つつ、自分に合いそうな結婚相談所を利用してみるのがおすすめですよ。